東京都足立区の解体工事会社(スケルトン・改修・耐震)「株式会社NEXEL」-事業案内

[ 受付時間 ] 9:00~18:00(日曜・祝日を除く) 080-6648-1813

エントリーはこちら

事業案内BUSINESS

SKELTONスケルトン工事

解体工事は大きく、新築工事、その他の建造物建設等の目的の為に、家屋を丸ごと解体する「家屋解体工事」、リフォーム・原状回復を目的とした「内装解体工事」に分類されます。
「内装解体工事」とは建造物等を除いた内装のみを解体する工事の事です。「内装解体工事」は更に、店舗やオフィスを元通り(借りた時や入居時)の状態に戻す「原状回復」と、住宅等の建築物の所いわゆる主要構造部分(基礎や柱・梁・外壁・屋根等)は残存して、建物構造体以外のもの(内装や設備機器等)を全て解体する「スケルトン工事」とに分かれます。

当社では「スケルトン工事」を得意として対応させて頂いております。
是非、ご相談・お問い合わせ下さい。

REPAIR改修工事

一般的に「改装・改修工事」と呼ばれていますが、建築基準法では「大規模の修繕工事」「大規模の模様替え」となります。
補修工事や修繕工事が経年劣化した機能・性能の原状回復を目的としているのに対し、「改修工事」は原状回復のみではなく、機能・性能を向上させる様な全ての工事の事を指します。
例えば、建物外部・内部のバリアフリー化、エレベータの新設等がこれに当たります。
是非、一度ご相談下さいませ。

SEISMIC耐震工事

「耐震工事」とは、自然災害である地震により建物倒壊の防止を目的とした工事です。
建築物に必要最低限の耐震基準が1950年の建築基準法によって定められました。現在の耐震基準は、宮城県沖地震、阪神・淡路大震災の影響により、アップデートされたものになってます。
上記の「改修工事」の一貫として、対応させて頂いております。

小・中・大規模の地震が頻発している昨今、以前より耐震工事の必要性も増してきています。